雑記帳

本当に徒然ですが、何か引っかかることがあれば幸いです。

スタバ 沖縄限定ステンレスボトル

f:id:uchuotsukuruotoko:20170111112636j:plain

沖縄に移住した友人から、スタバの沖縄限定ステンレスボトルが届きました!

彼女は元同僚なんですが、大人になってからできた数少ない友人の一人です。

お互いに他人との距離の取り方が近いから居心地がいいのかもしれません。

そう思ってるのは私だけかもしれないけど、、。

それに、彼女との間だと変な誤解も生じません。

「ああ、たぶんそういうつもりで言ったんじゃないけど、

言い方が変になっちゃったんだろうな」と理解してくれると言うか。

 

例えば、その人のことは嫌いではないけど、月1で飲みに誘ってくる人とは長くは続きません。

     断るのは申し訳ないから飲みに行く(そこそこ楽しくはある)。

→ また誘ってくれる。

→ 断れないからまた行く(楽しくないことはない)。

→ あまりハイペースだと何度かに1回は断るようにする。

→ 断るのが辛いと、誘われるのがストレスになる。

→ 、、、、距離を置く。

誠に身勝手な考え方だとは思うんですが、幾度となく自分のペースを乱されると、それはやがて「恐怖」に変わります。いつまで続くんだろう。一生続くのか?と思うと、早いうちに手を打ちたくなるんです。本当、身勝手ですよね。でも、それは恐らく、その人とは合わないんだと思います。こっちは合わないと思っているのに、向こうが思っていなそうなところが「恐怖」だったのかもしれません。

 

それはせておき。

彼女は時々、沖縄のお菓子や食料品を送ってくれます。私が好きそうなキノコのグッズが入っていることもある。ダンボールを開けると、隙間なく物が詰め込まれた上にポンとメッセージが置いてあったりして、妙にジ~ンとしたこともあります。「元気?またメールするね♪」とか、シンプルなメッセージなんです。でも、そのシンプルさが逆に親密さを感じさせて、妙に心に響くんです。

今回も、「ステンレスボトル送るよ」とは聞いていたんですが、隙間をめるようにビッシリお菓子が詰まっていて感激しました。田舎のお母さんから仕送りが届いたときって、こんな感じなんですかね~。私は実家の隣町に住んでいるので、仕送りが届くことはないんですが(苦笑)。そういえば、私の母も姉に荷物を送るときに、どうすれば上手く隙間が埋まるか考えながら、あれもこれも詰めてましたね。親の愛情ってすごいな~と思います。どうやら私は親の気持ちというものを経験することはなさそうなので、本当の意味で理解することはできないかもしれません。でも、沖縄の友人と私は血の繋がりはないわけで、やはり彼女が愛情深い人間だということでしょうか。この私は、誰かのために、その人のことを想像しながら荷物を詰めたことなんて、今の今まで一度もないです。寂しい人間ですね、、。今度やってみようかな。

そのうち彼女に何か送りたいと思って、箱は買ってあるんです。クロネコヤマトとLOFTがコラボした、限定デザインの宅急便コンパクト専用BOXです。お互いに猫好きなので。

ステンレスボトルはとっても快適です。今まで保温性のないタンブラーで職場にコーヒーを持って行っていたので。温かい飲み物って、やっぱり落ち着きますね。大事かも。

prtimes.jp