雑記帳

40代独身女の適当な日常です。

またシフトがカットに、、、。

1月21日(木)。

上司よりTEL有り。

嫌な予感しかない。

実際、上司からの電話でいい話だったことなんて一度もないですよ。

緊急事態宣言が出てから職場は暇だったし、また休んでくれって話だろうな、と。

週3回まで復活していた仕事が、また週2回に減ってしまいました。

はぁ、、、。

自分、器が小さいんで、「俺もこんなこと言うのツラいよ、、、」みたいな空気を出す上司に腹が立ってしまいます。知らないよ、お前のツラい立場なんて。すべてあなたのさじ加減でしょ。別の職場では、契約社員のシフトを全然カットしてない上司もいるんです。何を犠牲にするか、責任者の判断に任せられているわけです。そのために存在するんですもんねぇ、責任者は。あの男が「必要ない」と思えば切られるだけ。社員の若い子が、「こんなにシフトをカットされてるの、うちだけですよ」と言っていて、ますます腹が立ちます。

まあでも、コロナの前から少し人員が多いと思われている部分もあったので、こうなるのは必然だったのかもしれません。上司は本当にツラい立場なのかもしれない。私は自分のことしか考えない人間だから、腹が立ったり落ち込んだりしてしまいます。いつ元に戻れるんだろうか。それとも、もう戻れないんだろうか、、、。

どんなに落ち込んでも、おやつは美味しいです。

この日のおやつは、セブンの「三層仕立てのさっくりチョコタルト」。表面のチョコレートがバッキバキに固くて食べづらかったけど、美味しかったです。

f:id:uchuotsukuruotoko:20210121160655j:plain

1月22日(金)。

シフトカットを言い渡されたこともあり、暗い気持ちにしかならない金曜日でした。

天気も良く暖かかったので、午前中から庭仕事。柚子の木の剪定をしました。

とにかく大きいんです。2階建て家の屋根にぶつかり、電線にもかかり始めていたので、去年植木屋さんに頼んで剪定してもらったんです。しかし、我々の気持ちは全然伝わらず、あまり低くしてもらえませんでした。プロとしては見映えのこともあるしね~。でも、もう見た目とか格好とか、そういうことじゃないんです。柚子が採れるかどうかも関係ないんです。とにかく低くしてほしかったんです。私も母も若くないんで、大きい木はこれからどんどん手に負えなくなるので、、、。

というわけで、植木屋さんには申し訳ないんですが、プロのやった仕事に手を加えてしまいました。もうガッツリ低くした。「それ素人の仕事じゃないでしょ」ってくらい大きな幹を落としました。

疲れた~。

仕事のあとは、おやつです。

セブンの新作、「香ばしシュガースコーン」を食べました。

これも美味しかったです~♪

f:id:uchuotsukuruotoko:20210122180538j:plain