雑記帳

40代独身女の適当な日常です。

サンシュユの花。

庭のサンシュユの花がもうすぐ咲きそうです。

f:id:uchuotsukuruotoko:20210202204749j:plain

 父が亡くなってから約1年半。2度目の冬を迎えています。

この秋・冬は、母と一緒に庭の手入れを始めました。父がまめに手入れをしていたんですが、体調が思わしくなくなってからは、父も母も、体力的にも精神的にも余裕がなくなっていたようで、庭木は伸び放題でした。

大きな木は流石に無理なので、植木屋さんに来てもらうしかありません。自分たちでできる範囲のことは、なるべくやっていこうと思っています。

私が剪定した梅の木も、もう花をつけています。次に咲きそうなのは、写真にあるサンシュユ。このサンシュユの木も、母と二人で話し合いながら剪定しました。素人が知識もなく剪定したので、咲くかどうか心配だったんですが、どうやら無事に咲きそうです。

サンシュユなんて、今回剪定をするまで知りませんでした。毎年のように花をつけていたはずなのに、見たこともなかった。

父と母は、

「○○の芽が出たよ」とか、

「○○の花が咲いたよ」「○○がもうすぐ咲きそうだよ」とか、

「あの木が駄目になったみたいだよ、、、」などと、

よく話していたようです。

今は私が、母とそんな会話をしています。もちろん、父の代わりにはなれませんけど。

夫婦で積み上げた大切な時間があったのだな~と、想いを至らせるばかりです。