エヌの解放

40代独身女の適当な日常です。

紫陽花/庭仕事は一旦終了だな、、、。

 

もうすぐ6月が終わりますね~。

今年ももう半年が終わろうとしているのか、、。

は、早い、、、。

毎年思うけど、本当に1年が早いです。

体感ではついこの前、正月が明けたような気がするんだけどな~(苦笑)。

6月の庭は紫陽花が綺麗です。

これはちょっと花びらの形が特徴的な紫陽花。「ウズアジサイ」というらしいです。

こちらは一般的な紫陽花。

これ以外に、ガクアジサイも咲いています。

日陰でもう駄目だと思っていた紫陽花も、数年ぶりに花を咲かせました。

母と二人でなんとか庭の手入れをしているんですが、これがなかなか大変で、、、。

父も一人で大変だったろうなぁと。

「父が生きている間に庭仕事を手伝ってあげられたらよかったのにな~」と後悔するばかりです。

先週まで庭仕事をしていたんですが、虫さんに出会うことも増えてきたし、そろそろ限界かもしれません。

7月・8月はもうたぶん無理だな~。

あとは秋。

それまで庭仕事はお休みです。

お隣さんの庭もほぼ完成したようです。

かなり大きな木をたくさん植えていたので、そのうち鬱蒼としてくるんじゃないかな~と。これからどう変化していくのか、自分の家じゃないのに勝手に楽しみにしています。

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

【バレエ鑑賞】牧阿佐美バレヱ団『ノートルダム・ド・パリ』

 

コロナで停滞していた趣味のバレエ鑑賞を、ぼちぼち開始しています。

先週は牧阿佐美バレヱ団の『ノートルダム・ド・パリを見てきました。

ヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』をバレエ化したものです。

振付は20世紀を代表する振付家の一人、ローラン・プティ。プティは2011年に亡くなっています。プティ、モーリス・ベジャールピナ・バウシュ、、、。自分もカーテンコールでその姿を拝見したことのある振付家がこの世を去っていくのは、何度体験しても辛いです、、。

このプティ振付の『ノートルダム・ド・パリ』は、音楽をモーリス・ジャール、衣装をイヴ・サン=ローランが担当した、とても豪華な作品です。パリ・オペラ座バレエによる初演が1965年なので、さすがに時代を感じさせる部分もありますが、いまだに力のある作品ですし、踊り継がれてほしい作品であると改めて感じました。

本来なら2020年に上演される予定だったんですが、コロナのために中止になっていました。ようやく上演が決まり、豪華なゲストも発表されたんですが、今度はウクライナ情勢のため、ロシアから来日予定だったダンサーがキャンセルになってしまいました。自分が生きている間に、こんなことが起こるなんてね、、、。何とも言えない気持ちにはなりましたが、代役のダンサーもよかったし、公演は素晴らしかったです。

 

ということで、バレエ鑑賞に出かけたら、美味しいお弁当を買ってくるのが最近の楽しみです。

今回はこれ。

「天喜代」さんの 盛合せ天丼 です。

美味しかったです~♪

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

【名古屋遠征の記録⑤お土産編】ほぼ自分土産 & 安永餅

 

大津-名古屋遠征の記録、しつこく綴っております。

最後はお土産編

大津へ行くには、京都駅で琵琶湖線に乗り換えます。

帰りの乗り換えの際、京都駅でお土産を買いました。

まだこれから2泊する予定だったので、大きなものは買いませんでした。

 プレスバターサンド「フランボワーズ」

 本家西尾八つ橋「あんなま ラムネ」

 SIZUYAPAN「黒豆 ゆず」

 カランコロン京都 がま口財布

コロナの直前に名古屋に行ったときと、ほぼ同じものを買っている自分に気付きました(味違い)。冒険心の薄い私です、、。

 

最終日に名古屋駅で購入したのがこちら。

 東海寿「小倉あんパフェサンド」

 青柳総本家「カエルまんじゅう」「小倉サンド」

新幹線の時間は迫ってるし、荷物は重たいしで、冷静に選べず、、。よく見たら、「小倉あんパフェサンド」と「小倉サンド」、被ってるな、と。でも、食べてみたら全然別物でした。「小倉あんパフェサンド」は砕いたフレークが入っているので食感が楽しく、味わいも軽やかな印象。「小倉サンド」のほうが、ややしっとりで落ち着いた味わい。どちらも美味しかったです。

「カエルまんじゅう」は、初めて買いました。人気の理由も納得の外さない美味しさ。思ったより甘さ控えめで、生地やあんこも上品な印象。あとやっぱり見た目が可愛い。母が、「どこから食べる(笑)?」と聞いてきた。子どもか(笑)。

 

最後に駅弁。

母と一緒に食べる予定だったので、新幹線では食べず。帰宅後に夕飯として頂きました。

母のリクエストで買ってきた「安永餅」と「ひつまぶし巻き」は写真を撮り忘れました、、、。

安永餅は、父が亡くなる半年前、最後に3人で旅行をしたときに食べた思い出があります。もともと母が大好きで、父がよく買ってきてくれたらしいんです。そんな話をしながら3人で車の中で食べたのは、いい思い出。

母は安永餅を心待ちにしていたようで、「○○時頃に帰るよ~」という私のメールを読んで、その時間にすぐに食べられるようにお茶を入れてスタンバってました(笑)。

食べたいものがあって、喜んで食べてくれるというのは有り難いですね。健康で、長生きしてほしいです。

というわけで、長々と旅の記録を書いてしまいました。

はぁ~、、、。早くもまたどこかに旅行に行きたいです!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

【名古屋遠征の記録④】愛知県美術館『ミロ展』/ロルバーン購入♪

 

しつこく大津-名古屋の遠征記録です。

初日は滋賀県大津市びわ湖ホールで舞台鑑賞。

名古屋に泊まって、2日目は覚王山日泰寺へ。

そして最終日の3日目です。

何故、日帰りでも可能な舞台鑑賞をわざわざ2泊3日にしたかというと、名古屋で行きたい場所があったからです。

愛知県美術館で開催中の『ミロ展 日本を夢見て』です。

miro2022.jp

名古屋で行かなくても、東京でも開催されていたんですが、東京の美術展には行く気がしなくて、、、。人気の美術展の混雑を想像すると、もう全然行きたくなくなります。実際、東京の『ミロ展』の混雑状況はどうだったんだろうか?

大津に舞台鑑賞に行くなら、名古屋に寄って『ミロ展』が見たい。

しかし、美術館は月曜日はお休み。

ということで、わざわざ2泊3日して、火曜日に『ミロ展』を見てきたわけです。

とっても楽しかったです~♪

愛知県美術館は常設展も面白いので、そちらも楽しんできました。

そして、グッズで散財しました~♪

本当はもっといろいろ欲しかったんだけど、だいぶ我慢しました。

何と言ってもお目当てはこれ。

ロルバーンのノートと『ミロ展』のコラボです!!

か、可愛いです~♪ 全3種類、とりあえず買ったけど、たぶん勿体なくて使えない、、、。

『ミロ展』を鑑賞したら、あとは帰るだけ。

2泊3日の荷物と、ミロ展のグッズと、お土産と、日傘。

腕が引きちぎれるかと思うくらいシンドかったです、、。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

【名古屋遠征の記録③】ニッコースタイル名古屋/グナグナカリー

 

名古屋遠征の記録、その③です。しつこく引っ張ってすみません、、。

初日は大津で舞台鑑賞。

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

2日目は名古屋でプチ観光。覚王山へ。

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

 

徒労感を抱えたまま、覚王山駅から東山線に乗り、名古屋の一つ先の亀島駅で下車。

お目当ては「グナグナカリー」というカレー屋さんです。

この日の朝、テイクアウトの電話予約を入れておいたので、それを受け取りに行きました。

カレーを受け取った後は、徒歩で名古屋駅へ。「うん、今度行くときは名古屋駅から歩いてもいいな」とインプット。

しかし、カレー屋さんから名古屋駅までは約10分、名古屋駅からホテルまで約15分。

計25分、炎天下を歩き続けたので、流石にヘトヘトでした、、、。

 

2日目のホテルは「ニッコースタイル名古屋」。

外観は撮り忘れました、、。

<全室30平米/バス・トイレ セパレート>という、快適なホテルでした。

平日だったので、比較的安く泊まれた。

このソファが快適でした~♪ もう、ず~っとソファの上にいました。

普段は、ベッドの上でくつろぐしかないくらい狭い部屋に泊まることが多いので、このソファが本当に気に入りました。なるべくこういう部屋を選びたいなぁと。高くなるけど、、、、。

部屋にはしゃちほこの置物。

鏡もしゃちほこの鱗ををイメージしているそうです。

バルミューダのポットと、GENEVAのBluetoothスピーカー。

せっかくなんで、スピーカー使ってみました。欲しくなった~。

階数表記、部屋番号は、瀬戸焼のプレートを使用するなど、至る所にこだわりが。

 

散々パシャパシャと写真を撮った後、ようやく遅めのお昼ごはんです。

朝、ホテルの朝食を食べて以来、この日初めての食事。この時点で15:30。

テイクアウトしたグナグナカリーさんのカレー、

青実山椒とシャモのグリーンカリー」です。

お、お、美味しかったです~♪

辛い物は苦手なので心配していたんですが、苦手な私でも美味しく食べられる程度の辛さでした。もう、このご飯の上になんだかいっぱいのっているのが、たまらなく好き♪

チェックインの際にもらったドリンクチケットで、アイスコーヒーを頂きました。

初日のランプライトブックスホテルも、この日のニッコースタイル名古屋も、よくあるビジネスホテルのウェルカムドリンクとは趣が違い、カフェのようなスタイルで提供してくれるのが嬉しかったです。

2日目はもうすることなし。

部屋でひたすらのんびりして、夜ちょっとだけ名古屋駅のほうへお買い物に行き、翌朝の朝食をデパ地下で購入し、タカシマヤで可愛い靴下を衝動買いして、ホテルへ戻りました。

 

いよいよ3日目は名古屋最終日です。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

【名古屋遠征の記録②】2日目:覚王山/自意識過剰が発動して満喫出ず、、、。

 

引き続き、大津→名古屋の遠征の記録です。

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

初日のホテル「ランプライトブックスホテル名古屋」から、2日目のホテルまでは徒歩5分の距離。チェックアウトしたその足で2日目のホテルへ向かい、大きめの荷物を預かってもらいました。

車の免許を持っていないので、旅は常に電車です(飛行機は乗らず嫌い)。2泊3日の荷物となると、持ち歩くのはシンドイ。そのうち、こまめに駅のロッカーに預けることを覚えます。そしてさらに旅を続けるうちに、チェックイン前/チェックアウト後でも、ホテルが荷物を預かってくれることを知ります。これ本当に、数年前まで知らなかったんです。有り難いサービスですよね~。休日の駅のロッカーなんて空いていないこともあるので、本当に助かります。

で、荷物を預けて身軽になった私は、まずは名古屋駅へ。

11時半から販売開始の、青柳総本家の「ケロトッツォ」を買いに行きました。

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

 

そして、東山線で「覚王山」へ。日泰寺を参拝。

日泰寺までの参道「覚王山商店街」には興味深いお店が並んでいるようなので楽しみにしていたんですが、この日は平日。観光客もほとんどおらず、賑わいは感じられませんでした、、。いい歳して引っ込み思案で自意識過剰な私は、小洒落た店には入れず、期待していた満足感は得られませんでした、、。

あくまで私が悪いのであって、覚王山商店街が悪いのではありません。

それでも頑張って、ネットで調べておいたドーナツを買い、「覚王山アパート」という雑貨屋さんが集まるアパートへ行き、私の覚王山は終わりました、、、。

覚王山でもう一つ行ってみたかったのが、「東山給水塔」です。

www.nagoya-info.jp

しかし、場内工事のため、しばらく一般公開は予定していなとのこと

写真はこれ ↓ が限界でした。炎天下、ベスポジを探してグルグルしたので、だいぶ疲れてしまいました、、、。

しかも、日泰寺では読経中とのことで、窓口には「しばらくお待ちください」の札。

東山給水塔を探したりして、30分くらいはウロウロして待ってみたんですが、一向に終わる気配がなく、、。御朱印をもらうことができませんでした。

御朱印はスタンプラリーではないということはわかっているつもりです。

目的は御朱印ではなく、参拝です。

しかし! 

しかし、ですよ。御朱印はやっぱり頂きたいです。

日泰寺、死ぬまでにもう一度行くことあるかな、、、。

 

こうして、なんだか色々と不完全燃焼のまま、若干の徒労感を抱えつつ、東山線で名古屋へ戻りました。

まあでも、自意識過剰との付き合いは長いので、こんなことくらいではヘコタレません「ま~たいつもの悪い癖が出ちゃった~、ウケる~」くらいなもんです。

伊達に幼少期から自意識過剰をやってませんから。

次回に続きます~。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

【名古屋遠征の記録①】 初日:大津→名古屋。

 

先月、大津-名古屋に行ったので、その記録を残しておきたいと思います~。

スマホでいっぱい写真を撮るんですが、まず現像することはありません。

いや、フィルムじゃないから「現像」って言わないか。プリント?ですかね。

まずプリントアウトしないので、旅の記録としてブログに残そうかな、と。

ほぼ自己満足です。

 

【初日】

滋賀県大津にある「びわ湖ホール」で舞台を鑑賞した後、名古屋へ移動。

正直、大津で昼公演なら、日帰りできるんです。遠征できないストレスが溜まりすぎて(というのは言い訳にしかなりませんが)、無駄に連泊してきました。名古屋でちょっと行きたいところもあったので。

京都(琵琶湖線)→ 膳所(徒歩)----→ 京阪膳所(京阪石山坂本線)→ 石場

<舞台鑑賞>14:00~

ホール(直通バス)→大津(琵琶湖線)→ 京都(新幹線)→ 名古屋(東山線)→伏見

 

初日の宿は、一度泊まってみたかった「ランプライトブックスホテル名古屋」。

1階に24時間営業のBOOKS & CAFEが入っているホテルで、2冊まで好きな本を部屋に持って行って読むことができます(フロントに申請)。

<「旅」と「ミステリー」を中心に、約3,000冊の書籍をラインナップ>とのこと。

各部屋にも、ホテルがセレクトした本が2冊置いてあります。

正直、読書習慣のない私にとっては、お目当ては本ではなく雰囲気、、、

お部屋はこんな感じ。

オットマン付きのソファが有り難い。

部屋は広くはありませんでしたが、バルコニー付きの部屋にしたので、解放感がありました。窓を開けると風が入ってきて気持ちよかった。

お部屋からの景色(翌朝、撮影)。お隣が公園なので、視界も良好です。

お風呂はバスタブなしのシャワーブース

バスタブ有りの3点ユニットバスよりは、バスタブなしの独立洗面台のほうが好きです。

チェックインの際にもらったONE DRINKチケットでアイスカフェラテと、ホテルのロゴの形をしたクッキーを購入して、とりあえず部屋で一息つきました。

この時点で18:30。朝、家で朝食を食べてから、初めての食事でした。

 

夕飯を買いに、栄へ。

ラシックに入っている「ひつまぶし名古屋備長」で、「ひつまぶし」をテイクアウト。

3,670円(税込み)と、私にはちょっとお高めでしたが、久々の遠征なので奮発しました。とっても美味しかったです♪

 

翌朝はホテルの朝食を頂きました。

1階のカフェで食べても、部屋に持ち込んで食べてもOKです。

私はもちろん部屋で。

いくつかあるミニバーガーの中から、好きなものを2つ選びます。甘い系もあって悩んだんですが、照り焼きチキン海老グラタンをチョイス。あんバターに未練を残しつつ、、。

11:00にチェックアウトしました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

久々の遠征を終え、抜け殻です、、、。

 

約2年ぶりの遠征を終え(舞台鑑賞)、抜け殻のようになっています。

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

仕事って、こんなに辛かったっけ、、、。

旅行の片付けもまったく進みません。

流石に洗濯は帰宅したその日のうちにしましたが、公演のチラシとか、美術展のグッズとか、もらってきたアメニティとか、まったく片付かないまま、、、。

旅行で使った費用もまだまとめてないし。レシートは全てもらってあるので、そのうちまとめなければ、、、。

今回、ロルバーンの手帳を持って行ったんですが、手帳の最後についているポケットが役に立ちました。

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

レシートを1日ごとに分けてポケットにIN。1日の終わりにとりあえずお財布からロルバーンのポケットに移動します。翌日はスッキリしたお財布でスタートできるのがよかったです。

泊まったホテルとか、食べたカレーとか、そのうちUPしたいと思っています。

ほとんど自己満足ですが、、。

 

昨日撮影した庭のサツキ。

今年は、咲いた後に雨が降ってしまうことが多くて、たぶんそのせいだと思うんですが、花びらが傷ついているものが多いです、、。

出勤前の癒しの一時。

ちょこっと小腹を満たすつもりだったんですが、この「メロンパイまんじゅう」、394キロカロリーありました。ヤバい、、、。マウントレーニアの「ノンスイート 甘くないラテ」は今年の新発売商品。コバルトブルーのパッケージが可愛いです。

uchuotsukuruotoko.hateblo.jp

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

念願の、青柳総本家「ケロトッツォ」を食べました!【名古屋】

 

一昨日(5/24)、遠征(舞台鑑賞)から帰宅しました。

大津-名古屋、2泊3日の遠征旅行でした。

コロナ禍以降、初の遠征ということもあって、テンション爆上がりです。

しかしコロナは怖いので、外食はできませんでした。

きちんと気をつければ大丈夫なのはわかっています。と同時に、気を付けても感染することもあるでしょう。母に安心してもらうために、「外食は一切しないよ」と言ってあるので、ちゃんと約束を守りました。

 

名古屋に行ったら絶対に食べたかったのがこれ。

青柳総本家の「ケロトッツォ」です。

向かって左から、「クリームチーズ&レモン」と「ラムレーズン&くるみ」です。

か、かわいい、、、♪

www.aoyagiuirou.co.jp

もともと青柳総本家には「カエルまんじゅう」という、薄皮にこしあんの入ったメジャーな商品があるんですが、その「カエルまんじゅう」をパカっと割って、マリトッツォ風に仕上げたのがこの「ケロトッツォ」です。中にはちゃんと、こしあんもはいっています。

可愛いだけじゃなく、とっても美味しかったです。

薄皮とこしあん、そして各種クリームがとっても合うんですよ~。

販売開始時間にお店に行っても見当たらなくてキョロキョロしていたら、

「ケロトッツォ、ありますよ」と声をかけられてしまいました(苦笑)。

また名古屋に行ったら是非食べたいです♪

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

舞台遠征中です/ホテルの朝食

昨日に引き続き遠征中です。
滋賀県大津市、琵琶湖のほとりにあるびわ湖ホールで公演を鑑賞したあと、昨日は名古屋に泊まりました。
大津も名古屋も最高気温は27~28度。
暑いです!
少し歩くともう疲れちゃって、、、。
歳なんですかね~、、、。
昔はもっと歩けた気がするんだけど。
年齢ではなく、暑さのせいだと思いたい、、、。

今朝のホテルの朝食。


部屋に持っていって食べました。
もともと部屋食OKだったんだろうけど、このコロナ禍でそういう人増えたんだろうな~と。

明日帰ります。
帰りたくないな~、、、。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村