雑記帳

本当に徒然ですが、何か引っかかることがあれば幸いです。

引越し業者さんが優秀だった。

実家に戻ってから1週間ほどが経ちました。

そうそう、これこれ、こういう生活だったな~と、ジワジワと実感しております。部屋はまだぐちゃぐちゃ、、、。相変わらず段ボールに囲まれて生活しています。でも、3段に重なってた段ボールが2段まで減ったので、少し視界はいい。まだ廊下にも段ボールあるけど、、、。結局、引越し業者が用意してくれた段ボール20個のうち(中:10個、小:10個)、18個使いました。単身の引越しとして、これが多いのか少ないのか、とても気になる。

 

当日の引越しスタッフさんが、とっても優秀でした。

あれが普通なのか、いい人に当たったのか、ちょっと気になります。

しかもイケメン2人!

テキパキ爽やかイケメンのリーダーと、ちょっと人見知りな弟系イケメンという、タイプの異なるイケメンを投入してきやがりました。なんの罠だよ~♪

爽やかリーダーは長身で、天井のシーリングライトを脚立も何も使わずに外すイケメンっぷり。しかも、小さめの本棚を運びながら、「この小っちゃい子、どこ置きます?」って! 何その「小っちゃい子」って、可愛いんですけど~♪ さらに、小スペース用の小さいシーリングライトを見て「これ、小さくて可愛いですね」って、、、。え、何? 小さいものに可愛さを覚えるタイプ? だったら私も小さいんですけど~♪ いや、おばさんですけどね~。

リーダーの指示のもと黙々と働く弟系イケメンとは、ほとんど話さず。作業中に脱げたキャップを拾ってあげたら、はにかみながら受け取ってました。やめて、萌えるから、、、。靴が16足(だったかな?)入るというシューズボックスから靴を取り出す作業をお手伝いしたら、「靴出すの、めっちゃ早いっすね」と謎に褒められました。ちょっとこれくらいで褒めないでよ~、馬鹿にしてんの~♪ それとも、「お前いい加減靴出すの遅せぇよ!」って、いつも怒られてるとか? 褒めポイントが謎で萌えました。

最後に、「あ、渡したいものがあるんで、ちょっといいですか」とトラックまで呼ばれ、「え、、、嘘、何なに、連絡先?」と思ったら(そんなわけないけど)、「今、インターネットでお申し込みの方にプレゼントしてます」と、ミッキーのステンレスボトルを渡されました。「いらねぇ!(ディズニー好きじゃないし)」と思ったけど、「え~、ありがとうございますぅ~♪(そういえばネットに書いてあったな~)」と受け取りました。

いやしかし、2人ともただのイケメンではなくて、何よりも仕事っぷりがイケメンだったんです。感じはいいし親切だし、その場のお願いにも快く対応してくれるし、仕事は完璧で頼もしいし、感心しきりでした。

仕事を頑張ってる人って、やっぱり素敵だな~と。私のような仕事を頑張っていないクズですら、そう思います。つまり、私は人間的にも女性としても素敵じゃないんだろうな~と。仕事を頑張っている若い人たちを見て、軽く凹みました。自分、何やってんだろうな、、、。

引越し完了。

引越しが完了しました。

いい歳をして実家を出てから6年半。父の具合がだんだん悪くなってきたので、ついに実家に戻ることに。いつかこうなるだろうとは思ってました。

部屋の中は、まだぐっちゃぐちゃ。全然片付く気配がありません。服や本など、趣味の物は収まるんですが、家電や日用品は実家に一通り揃っているわけで、使い道もなくダブってしまいました。ある程度は捨てたんですが、やはり全部を捨てることはできず、、、。どうしたもんですかね~。とりあえず、段ボールに囲まれて生活しています。

でも、引越し業者さんて、いろいろ便利にしてくれているんですね。すぐ使うものが入っている段ボールは黄色のガムテープで止めてくださいとのことで、向こうも運ぶときに便利だし、こちらもとても有り難かったです。

今日も今日とて地獄です。

今日も朝から仕事がしんどい。

仕事がっていうか、人が嫌い。

前にも書きましたが、私の職場には親子がます。

父親(現在は故人)の務めている会社に、奥さんと息子も入ってきたっていう感じ。

しかも今日は、午後までその親子と私の3人です。

もう地獄、、、。

私が彼らのことを嫌いなだけで、彼らに罪はないですけどね~。

いたって普通に仕事してるだけで、親子の気持ち悪い空気とかは出したりしないし。

まあ、母親が息子のことを下の名前で呼んでいる時点で十分気持ち悪いけど。

そんな会社に居続けている私が悪いんですよ。

いやなら辞めればいいんだから。

早く一日終わらないかな~。

もうすぐ引越しなので、家に帰ったらまた準備を進めて、ごみも捨てられるだけ捨てなきゃ。夕飯は何にしよう。もうフライパンも鍋もすべて捨ててしまったので、自炊はできないし。

今日段ボール詰めするもの、今後のごみ捨てのスケジュール、引越しまでに冷蔵庫を空にする計画など、そんなことをぐるぐる考えながら今日も一日やり過ごします。

早く家に帰りたい、、、、。

精神的に子供なんだな(自分)、と。

引越しの日が近づいてきました。

実家に戻るだけなので、楽といえば楽です。

こちらで退去に必要な諸々の手続きをするだけで、転居先での手続きは何もないんですから。役場に転入届を出すくらい。しかも、引越しから退去まで1ヵ月契約期間が残っているので、引越しが済んでから色々手配しても間に合います。

でもなんか落ち着かない~。

前日までみっちり仕事なので、毎日少しずつ準備をしているんですが、ちゃんと終わるだろうか、、、。いや、終わらなきゃ引っ越せないから何とか終わらせるんですけど、なんか不安なんです~。しかも、退去まで1ヵ月あるので、荷物なんて残ってても大丈夫なんですけど、なんか猛烈に不安なんです~。

父の具合もよくなくて、まぁだから戻るんですけど、そちらも最近入退院や転院を繰り返していて、急遽呼ばれて仕事を休んだりとか、なんだか気持ちが落ち着かない毎日です。

いや、世の中にはもっと大変な人がいます。それはわかってるんだけど、私なりにいくつかのことが重なっていて、初めてのことばかりなので、なんだか落ち着きません。

いい歳まで実家でのんびりして、一人暮らしって言ったってお遊びみたいな数年間だったし、本当、精神的に子供なんだな~と思ってしまいました。

段ボールに囲まれてます。

引越し準備を進めております。

しばらくは段ボールに囲まれて生活することになりそうです。

まぁ、一人なんで、何事も自由です。

これで同居人でもいたら、思い通りに準備が進まなくてイライラしたり、逆に相手にイライラされてるんじゃないだろうかと考えたりして、心穏やかに過ごせなくなってしまいます。多くの人がそうして色々なことを我慢して折り合いをつけて生きているんだろうから、それが嫌だという私は、やはりただのわがまま人間なんだろうな、、。

カーテンを捨てるつもりなんですが、そうするとシャッターを下ろして生活しなければなりません。1階の、通りに面した部屋なので、カーテンが無いのは絶対に無理なんです。でも、シャッター、嫌いなんですよね~。昼も夜もわからない感じとか、外と遮断されて籠っているあの感じが嫌いなんです。 特に、朝起きたとき部屋が暗いと気が滅入ります。1階に3部屋あるんですが、あとのお二方はず~っとシャッターを下ろして生活してます。皆さん気にならないんですね、、。

カーテンを外してから引越しまでの2週間弱、シャッター生活になります。

まあ、契約期間は残っているので、後日捨てに来ればいい話なんですが、如何せんせっかちなもんで、、、。

引越しの日取りが決まりました。

35歳という年齢で始めた一人住まいが、間もなく終わろうとしています。

管理会社に連絡して退去の日取りを決め、続いて引越し業者に見積もりを依頼。引越しの日取りも決まりました。退去日より1ヵ月早い日程での引越しとなりました。うちの管理会社は、退去日の2か月前までに連絡をしなければいけないので、退去日はどうしても最短で2か月後。そこまで住もうが住むまいが、2か月間家賃を払ってくれれば向こうとしては問題はないわけですよね。引っ越した後も何度か行かないと、大きめのゴミ捨てが間に合いそうにありません。まあ2か月もあれば、各種ゴミも滞りなく捨てられるだろうと思っていたんですが、急に1ヵ月を切ってしまったので、引越し前に捨てきれなくなってしまいました。

もう、ここぞとばかりに、あれもこれも捨ててます。

後悔するかしら、、、。

職場がしんどい(いつものことですが)。

職場がしんど過ぎて、しんどい。

やっぱり問題は私にあるんだろうか。

自分の中の「こうあるべき」いう理想から外れた他人にイラっとしてしまうんですよね。

そんな考え、許されないですよね。それはわかっているつもりなので、表向き気にしないようにしているんですが、気にならないわけがないので、どんどんストレスが溜まっていきます。でも、他人にとってはそんな勝手にストレス溜められても迷惑な話で、いい加減カリカリしながら仕事するの勘弁してほしいと思われてるんだと思います。いや、そうでもないかな。「あーあ、愚かな人だな」と馬鹿にされているだけで、誰も私のことなんて気にも留めてないと有り難いんだけど。

でも、交通費の不正受給を当たり前のように何年も続けているような人間と一緒に働きたくないんですよ。なんかもうね、悪いことだと思ってないんです。交通費を払うのは会社の義務であって、自分は節約したくて自転車で来てるけど、本来なら発生するはずの公共交通機関の交通費をもらって何が悪いの?って思ってる。怒られるから黙ってるけど、悪いと思ってないのが見え見えなんですね。高校生のバイトじゃないんだからさ。部署の責任者も、ずっと知ってるけどずっと黙ってる。一度、更に上の上司に注意されたのに、ほとぼりが冷めたらまたやってる。そして責任者もまた黙ってる。何それ? 会社にとっては交通費なんて、痛くもかゆくもないのかしら。一度注意しに来たその上司だって、他のスタッフの手前、怒らないとまずいからやっているだけで、本当はどうでもいいんだろうな。むしろ、「誰だよ密告したの、面倒くせぇなぁ」と思っているかもしれません。例え交通費を不正受給していても、周囲と仲良くできる人間の方が会社にとっては有益なんでしょうね。

そして私は、自宅から最寄り駅までの距離が会社の規定に足りていないので、本当にバスに乗っているのに交通費を支給してもらえません。駅からバス停まで、マピオンで直線距離を出して、「はい、ダメー!」ですよ。一体どこのどいつが駅まで直線距離で歩くんだよ。いや、いいですよ、決まりだから。仕方ない。だったらあの不正受給している奴らを何とかしてよ。

はぁー、ダメだ。書いたらスッキリするかと思ったら、なんかイライラしてきました。

結局私は、自分が一番正しいと思っている人間なんですよ。

この考えを何とかしない限り、転職したって、どこに行ったって、何も状況は変わらないのだと思います。

実家に戻ることになりました。

実家へ戻ることになりました。

35歳という遅さで初めて実家を出て、6年半で終止符を打つことになります。

父の具合があまり良くなく、そうすると母も気持ち的に崩れてしまう人なので、戻ってきてほしいと言われてしまいました。父のためというよりは、母のためです。どうやら私は結婚もしそうにないので、残りの人生は母のために使うつもりでした。だから、いずれ戻ることになるとは思っていたんですが、思ったより早かったな~と。

実家へ戻るのが嫌ではないんです。そりゃ実家は実家で面倒なことはあるし、でも一人は一人で大変なこともあって、どっちもどっちなんです。でも、なんかモヤモヤします。自分のこのモヤモヤの原因が本当のところ何なのか、それがわからなくて更にモヤモヤします。

たぶん、結局のところ、私はわがままなんだと思います。

全てが自分の思い通りにはいかない生活になるのが嫌なんだと思うんです。

まあでも、そんなこと言ったって、仕方ないですよね。

わかっていはいるけど、なかなか腹をくくれない未熟者です。

とは言え、もう管理会社に連絡をして日取りも決まっているので、このモヤモヤすら不毛です。

こうしてタンスの肥やしは増えていく。

もう何年も着ていないカーディガンがありまして、

でもちょっといいやつだから、捨てられずにいます。

何度か袖を通してみるんだけど、やっぱりしっくりこなくて着ないまま数年、、、。

そうだ、と。職場のエアコンが寒すぎて死にそうなので、職場で着倒してから捨てればいいじゃん!と思い立ったわけです。

で、今日そのカーディガンを職場に持ってきて羽織ってみたら、

「あれ? 意外と可愛いかも(♪)」と。

職場で着てしまったら、もうプライベートでは着られません。

パソコンだけでなく、わりと字も書く仕事なので、すぐに袖口が黒くなってしまいます。「やっぱり職場で着倒すのは勿体無いかも~」と思ってしまい、そのまま持って帰ることにしました。

いや、だから。そうやって何年も着なかったんじゃん!

どうせまた何年も着ないに決まってます。

こうしてまたタンスの肥やしは増えていくのだなぁと思ったんでした。

友人が病みました。

現在沖縄で生活している友人から久々に連絡がありました。

異動した勤務先が合わず、体調を崩して休職中とのこと。

病院で抗うつ剤を処方されたが、飲まなかった、と。

「飲んでないけどね(笑)」と言っていたけど、いいのか?飲まなくて。

私は相変わらず職場の人間が嫌いすぎて、毎日イライラしてます。

家に帰ってからも、

「ああ言ってやればよかった。こう言ってやればよかった。今度ああ言ってきたら、こう言ってやろう」と、職場から体は解放されても頭は解放されないまま、、、。我ながら愚かだとは思いますが。

そんな私も、もしかして安定剤とか飲んだら、イライラしないで人に接することができるんでしょうか。自分は病んでいるのか、ただの愚か者なのか、自分ではよくわかりません。たぶん、ただの愚か者だろうな(苦笑)。